2ちゃんねる ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 [PR] ドラクエモンスターズスーパーライトフレンド募集掲示板 [PR]  


■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています


IE等普通のブラウザで見る場合 http://tubo.80.kg/tubo_and_maru.html
専用のブラウザで見る場合 http://www.monazilla.org/

2ちゃんねる Viewerを使うと、すぐに読めます。 http://2ch.tora3.net/
この Viewer(通称●) の売上で、2ちゃんねるは設備を増強しています。
●が売れたら、新しいサーバを投入できるという事です。


よくわからない場合はソフトウェア板へGo http://pc11.2ch.net/software/

モリタポを持っていれば、50モリタポで表示できます。


AV女優にも大切に育てられた子供時代があったと思うとうわあああってなる

1 : サト子ちゃん(関西地方):2011/02/21(月) 18:37:44.75 ID:n/S5LBRZ0● ?2BP(0)

AV界の巨匠として君臨する“ヨヨチュウ”こと代々木忠の生きざまに迫る
ドキュメンタリー映画『YOYOCHU SEXと代々木忠の世界』の公開記念トークショーが19日、
東京・渋谷アップリンクXで行われ、代々木監督と西川美和監督(映画『ディア・ドクター』)という
異色コンビが登場した。

本作を西川監督がいたく気に入ったことから実現したこの日のトークショー。
西川監督が代々木作品と出会うきっかけを作ったのは、
なんと『ディア・ドクター』に主演した笑福亭鶴瓶だったといい、
「鶴瓶さんが『ザッツ・回春エロエステ』っていうAVを貸してくれた。どうしても観ろって言うもんで。
ところが観たら、目からウロコが落ちてしまった」。
濡れ場を演じる女性たちに演技くささをまったく感じなかったという西川監督は、
「まるで観音様のように神々しく美しかった。セックスで達した女性に母性を感じるし、
わたしもこんな女性になれたらとさえ思うほど」と一般的なAVとは異なる代々木イズムに心酔した様子だった。

一方、代々木監督は番組共演がきっかけで、鶴瓶と意気投合。
本作にも鶴瓶が出演するなど親交を深めており、
「今日、西川さんとトークショーをやるって言ったら、
鶴瓶さんが『あの子、いい子やから頼むわー。手つけたら、あかんで』って言われましたよ。
もちろんそんなことしません。AV監督にとって、映画監督は高嶺の花ですしね」。
これに対し、西川監督が「わたしこそコンプレックスだらけで」と恐縮気味に語ると、
すぐさま「コンプレックスがある人、大好き」と伝説のAV監督らしい鋭い熱視線を投げかけていた。

http://www.cinematoday.jp/page/N0030474
http://s.cinematoday.jp/res/N0/03/04/N0030474_l.jpg

総レス数 788
163 KB [ 2ちゃんねる 3億PV/日をささえる レンタルサーバー \877/2TB/100Mbps]



read.cgi ver 05.2.1.6 2013/05/30 あっクン ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)